常林寺 オテライブ

DSC_00380001.JPG

オテライブ vol.54
「和ジャズ」
小山豊 meets 島裕介



album.jpg
国内ジャズシーンで常に注目を集めるトランペッターにして、オテライブ常連のジャズメン「島裕介」がおくる新たな挑戦「和ジャズ」は、津軽三味線小山流の三代目として日本の伝統芸能である古典津軽三味線をしっかりと確立しながら、自身のサウンドも展開し、多種多様な楽器とのコラボレーションから、古典芸能という概念にとらわれない津軽三味線の新しい魅力とその可能性を引き出す新進気鋭の津軽三味線奏者「小山豊」とのコラボレーションである。
「小山豊」「島裕介」による双頭名義でのスタジオ・レコーディング・アルバムリリース記念ツアーの静岡公演。
米カーネギーホールを沸かせ、演歌界の大御所や、ももクロ、嵐の録音にも参加する小山とShima&ShikouDUOでフジロックを沸かせ、近年はソロプロジェクト「SilentJazzCase」「名曲を吹く」でも活躍の島のふたりが若手No1サポートギターの齊藤純一とともにおくる珠玉のライブ。

『かねてから自分のトランペットサウンド同様、和楽器の中でも最も「熱くて悲しい」楽器である津軽三味線には注目していて、僕の大好きなフラメンコギターにも通じるものがあり、がっつり作品を作ってみたいなという思いがありました。
・・・いわゆる「ちょっと和の要素が欲しいから三味線入れました」的な奇をてらったものではなく、三味線とトランペットのサウンドが純粋にカッコいいから、という理由で制作にいたりました。その辺が伝わると幸いです。
サウンドをあえて表現するなら、「和ラテンフラメンコジャズ」なのですが、わかりやすく~和ジャズ~とサブタイトルにつけさせていただきました。』
島裕介氏のアルバム発売コメントより抜粋

小山豊 meets 島裕介 〜和ジャズ〜 ライブツアー2017夏

6月22日(木)名古屋ミスターケニーズ
6月23日(金)広島県呉市 ル・ポール青山
6月24日(土)大阪千里ペインクラブ
6月25日(日)三島 常林寺 オテライブ
7月2日(日) 横浜関内KAMOME
7月7日(金) 前橋ユメスタジオ
7月8日(土) 宇都宮フェローズ
7月23日(日) 静岡県駿河小山町 豊門会館
7月25日(火)渋谷 JzBrat
7月30日(日) 群馬県太田市 モティ
8月20日(日) 横浜大倉山記念館ホール

■ 日程:平成28年6月25 日(日)
■ 会場:常林寺白瀧観音堂ホール
■ 開場:16時30分
■ 開演:17時00分
■ 料金:【予約】2,000円/【当日】2,500円
     【小学生以下】500円
・未就学児、乳幼児も入場可
ご予約いただきますと、確実に座席にお座りいただけます。



photo_yutaka.jpg東京都出身。父は津軽三味線小山流家元小山貢。
幼少より、(祖父)宗家 小山貢翁から三味線の指導を受ける。中学・高校と吹奏楽で音楽の基礎を学んだ。

新春かくし芸大会やレコード大賞、NHK民謡番組に多数出演。歌謡曲、CM、ゲームソフトなどのレコーディングの他、ミュージカルや舞台の音楽指導など、様々なジャンルで活動している。国際交流基金派遣事業にてアフリカ・ヨーロッパ・アジア諸国など様々な国々を訪れ、日本文化の伝承に貢献している。

日本の伝統としての古典津軽三味線をしっかりと確立しながら、自身の展開するバンド「Soothe」において、多種多様な楽器とのコラボレーションから、古典芸能という概念にとらわれない津軽三味線の新しい魅力、可能性と発展への活動も精力的に行っている。


2011shima_s.jpegトランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲

2002年から本格的にプロ活動開始。”歌うように吹く”独特のスタイルと柔らかで熱い音色がすぐに業界で評判となり、これまでに300タイトルを超えるアルバムに参加している。
リーダーユニット"Shima&ShikouDUO"で4タイトルをリリース。 トランペットピアノDUO編成としては異例の、FujiRock07出演、全国タワーレコードJ-JAZZチャート1位獲得、メジャーレーベルリリース、など快挙を果たした。
クラブ・グルーヴサウンドをベースにしたプロジェクト"SilentJazzCase"でもオリジナルアルバムをリリース。 2010年作品"Jazzin'R&B"は異例のロングヒットを記録(iTunes2010年間ジャズ部門1位)、それをきっかけに多くのジャズカヴァー作品を手掛けた。
2013年、初の本人名義アルバム「名曲を吹く」シリーズ3作をリリース。 全国津々浦々年間100本を超えるツアーを行った。 2014年夏に全国放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となる。
タイ(バンコク・チェンマイ)ツアーも敢行、地元メディアにも取り上げられ大盛況に終わる。
その他、メジャーインディーズを問わず多くのアーチスト(エゴラッピン、畠山美由紀、Bluey(Incognito), 沖仁, など)のツアー・録音・プロデュース、 CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでのトランペット演奏、 NHK紅白歌合戦での某アーチストのトランペットトロンボーンセクションをすべて演奏録音するなど、幅広い活動を行う。
他にも、「JaZZJAPAN」の連載、レーベル"等々力ジャズレコーズ"を主宰、など日本ジャズの新たなシーンを築上げる日々が続く。


2016junichisaito_profile.jpgギター・作編曲 1983年8月4日生まれ 千葉県出身

23歳でギブソン・ジャズギターコンテストで特別賞を受賞後、ソロ・ギタリストとしての活動を始め る。 2011年3月1stALBUM『A Thousand Leaves』をWangan Music Recordsからリリース。ジャズをベースにしたギター作品ながらも、ジャズの範疇に収まらないポップでキャッチーなメロディ・センスが評判を呼び、(『アコギやフルアコを使った味わい 深いメロディーを聴くことができ、優れたメロディーメーカーとしての才も注目』※ギターマガジン2011年7月号から)スタジオジブリのカバーアルバム「ジブリカフェ」を始め、これまでに4枚のカバーアルバムもリリース する。 BEAMSとのコラボレーションCDにギター、アレンジで参加等、サウンドの幅を広げ様々なジャンルのトップアーティストと共演。 東宝主催の新感覚音楽朗読劇サウンドシアター”eclipse(エクリプス)”出演をきっかけに2015年ポスト邦楽BAND ALIAKEを結成。2月渋谷JZBratより始動。11月ALIAKE 1stALBUM『Rapid Promotion』リリース。 その他にアーティストのライブサポート、レコーディング、楽曲提供、NHK World「Blends」ギター兼アレンジャー等、幅広い演奏活動を展開中。

【主な共演者】Lee Ritenour(gt), 沖仁(gt), 島裕介(tp), Jacob Koller(pf), 伊賀航(b), 畠山美由紀(vo), noon(vo), RyuMiho(vo),ミズノマリ(vo,fromPARIS MATCH), 高橋ちか(vo,gt), 中溝ひろみ(pf,vo), miya takehiro(vo,uke) etc






オテライブ vol.53
トミタショウゴ×KAZU
「メロディー&ノック2~Release Your Blues~」


13248328_1735461696736040_6079511284364330238_o.jpg
常林寺オテライブでDAN、樽木栄一郎、町田謙介などとコラボレーションライブを繰り広げ、サポートアーティストの枠にはまらない『うたうパーカッショニスト』として人気を集めるKAZUがシンガーソングライター『トミタショウゴ』との コラボレーションツアーで再び三島に!

トミタショウゴ×KAZUコラボレーションTour2016「メロディー&ノック2」

6月15日(水)山梨甲府キュイエール
6月17日(金)埼玉越谷MOJO:MOJA
6月18日(土) 東京新井薬師前ナカノステレオ
6月19日(日) 静岡三島 常林寺(オテライブ)
7月23日(土) 大阪茨木Cafeなかちよ
7月30日(土) 香川高松RUFFHOUSE
7月31日(土) 高知チャビーズキッチン

JOYSOUND(うたすきミュージックポスト)と全国で配布されている無料雑誌『ジャングル・ライフ』との「誌面・カラオケ連動企画」で、6/15発売トミタショウゴ×KAZUコラボレーション音源「メロディー&ノック2~Release Your Blues~」から「救日」がカラオケ配信。

■ 日程:平成28年6月19 日(日)
■ 会場:常林寺白瀧観音堂ホール
■ 開場:17時30分
■ 開演:18時00分
■ 料金:【予約】1,500円/【当日】2,000円
     【中学生以下】無料
・未就学児、乳幼児も入場可
ご予約いただきますと、確実に座席にお座りいただけます。



13054395_1355485147800129_1707156295_o.jpgハスキーでありながら 突き抜けるような高音。
声で唸らすブルースポップ。
30歳で一大奮起したオールドルーキー。
ハードロック、ブルース、カントリー、フォーク、ソウルミュージック・・等、様々な音楽をバックボーンに持ち通過した歌唱、音楽性は、曲ごとにほのかなエッセンスを発揮。
キャッチーなメロディーは、自問自答、調和、日々の生活に浸透していくような詩と融合しトミタショウゴのJ-POPとして表現されている。
【経歴】
2013年4月 「BreakNew Ground」、2014年10月 「NEJI」をリリース。
ミックスエンジニアは、マドンナ、シンディーローパー、宇多田ヒカル等を
手掛けた世界的エンジニアGoh hotoda。
「BreakNew Ground」収録曲「突破口」が関西テレビ「音エモン」4月度テーマソングとなる。
同「突破口」がラジオ関西4月度オススメ曲に選ばれる。
同「突破口」がFM京都(α-station) J-AC TOP40に約2ヶ月間チャートインする(最高14位)
「NEJI」が、タワーレコード高松丸亀町店にて総合チャート2位になる。
同「NEJI」がFM京都(α-station) J-AC TOP40にTOP20内にチャートイン。


13023211_1355294037819240_353604789_n.jpg東京ディズニーランドのバンドオーディション合格をきっかけにプロ活動を開始。近年では八代亜紀、福原美穂、May'nなどのライブに参加。モーションブルーヨコハマにてイベント主宰。ドイツのカホン動画コンテストで世界11位。昨年は中国、ブラジルなど海外での演奏活動も精力的に展開。そのプレイスタイルはコラボする相手、ジャンルを選ばない。







オテライブ vol.52 渚まいこ× 島裕介
渚まいこ1stアルバム「Seasons」リリース記念&「名曲を吹く」ライブ


nagisa_shima.jpg

オテライブで圧倒的な存在感を示し続けるJAZZトランペッター『島裕介』の
JAZZレーベル『等々力JAZZレコーズ』が贈る珠玉のピアノカルテット

久しぶりのオテライブは、常林寺オテライブで大人気を博しているJAZZトランペッター『島裕介』プロデュース。島みずからが立ち上げたJAZZレーベル『等々力JAZZレコーズ』の第一弾アーティスト、東大卒キャリア・ウーマン・ジャズ・ピアニスト ピアニスト『渚まいこ』初のリーダー・アルバム リリース記念ライブツアー 静岡・三島公演!
JAZZの名曲『My Favorite Thing』(JR東海「そうだ、京都行こう」2011秋バージョンCM曲にメイントランペッターとして参加)をはじめとする『名曲を吹く』シリーズとともに贈る珠玉のJAZZカルテット。

渚まいこ(ピアノ)
石黒豪(チェロ)
矢野秀平(パーカッション)
島裕介(トランペット、フルートほか)

■ 日程:平成28年5月1 日(日)
■ 会場:常林寺白瀧観音堂ホール
■ 開場:16時30分
■ 開演:17時00分
■ 料金:【予約】2,000円/【当日】2,500円
     【小学生以下】500円《予約・当日とも》
・未就学児、乳幼児も入場可・ 保護者ひざ上の場合無料/座席必要な場合500円
ご予約いただきますと、確実に座席にお座りいただけます。



nagisa.jpg3歳からクラシック・ピアノを始め、物心ついた頃よりピアノと戯れる。高校生の頃に初めて聴いたジャズに衝撃を受けて、後にラテン・ジャズ・ピアノをモヒカーノ関(関恭史)氏に師事。以降、都内・横浜等を中心に演奏活動を開始。現在は、自己のオリジナル・ユニットやピアノ・トリオでの活動の他に、様々なセッション・サポートに参加。東大卒キャリア・ウーマン・ジャズ・ピアニストとして注目を集めている。2016年5月本人名義初のリーダー・アルバムを全国リリース予定。ECMジャズのような繊細さと、日本人ピアノ・インストならではの聴きやすさが混在する彼女のオリジナル10曲を含む、全12曲。




shima201209_3.jpgトランペット(その他金管楽器), プロデュース, 作編曲
2002年からプロ活動を開始する。
これまでにオリジナルアルバム5作、カヴァーアルバム8作をリリース。
キャリア10年目にして250タイトルを超えるアルバムに参加している。
リーダーユニット"Shima&ShikouDUO"では、トランペットとピアノというシンプルな編成でありながら,叙情的・情熱的な演奏が全国話題となる。
FujiRockFestival07' に出演。最初数十名だった観客が、最後アンコール時には1500人程になるというパフォーマンスを果たし、大きく話題となった。
2008年1月 2ndアルバム「Road To The Deep North」を発売。タワーレコードJ-JAZZチャート1位を獲得。海外ラジオ番組でもオンエアされる。
2009年4月 ビクターより3rdアルバム「Poetry」をメジャーリリース。
2012年4月 4thアルバム「呼吸」をリリース。全国20ヶ所ツアー敢行。夏に放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となった。
2009年からプロデューサー名義"SilentJazzCase"としても活動をはじめる。
2010年2月にiTunes限定でリリースされたR&B・HIPHOPカバーアルバム『Jazzin'R&B』は、ジャズアルバムとしては異例のロングヒットを記録する(2010年間総合ランキング40位、ジャズ部門1位)。i-tuneの人気カバーシリーズとなる。1stオリジナルアルバム『SilentJazzCase』を2010年6月に発売。レコーディング・エンジニアも自ら行い、国内外で高い評価を得る。
その他、EGO-WRAPPIN', 畠山美由紀, Bluey(Incognito), 沖仁, Saigenji, オレンジペコー, パリスマッチ, 一青窈, などのアーチストのツアー・録音に参加、CM「そうだ京都行こう」2011年秋バージョンでのトランペット演奏など、多くのCMレコーディングも行っている。
2011年から「JazzJapan」(元スイングジャーナル誌)でジャズトランペットの魅力を伝えるべく連載スタート。
2012年、ホーンと歌のアンサンブルをコンセプトとしたレーベル"MOS Sound"を立ち上げ、積極的な制作に、日々奮闘中。


オテライブ vol.51 樽木栄一郎&近藤康平
『ハコ ヲ イロドル in 三島』

title.jpg

全国各地の2人旅で育んだ唄とギターと絵の新しいカタチ。
深く深く潜る即興の交ざり合いが、
この日限りのストーリーを生み出します』

ギターをつま弾き、歌を歌い旅を続け、そのオリジナリティあふれる音楽性に、常林寺オテライブでも【樽族】というコアなファンを生み出したミュージシャン樽木栄一郎と、様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくパフォーマンスを行っているアーティスト近藤康平のコラボレーションが、いよいよ常林寺で実現。
近藤康平のライブペインティングは、40分前後の時間で、音楽に反応・同期しながら、巨大なキャンバスに手の平をつかいものすごい速度で,何度も景色を塗りかえていくパフォーマンスは「このようなライブペインティングはみたことがない」「映画をみているようだった」などと観客を魅了している。

■ 日程:平成27年11月27 日(金)
■ 会場:常林寺白瀧観音堂ホール
■ 開場:19時00分
■ 開演:19時30分
■ 料金:【予約】1,500円/【当日】2,000円
     中学生以下無料
     未就学児無料、乳幼児も入場可
ご予約いただきますと、確実に座席にお座りいただけます。



aasya20154.jpg広島県福山市出身

樽木栄一郎というフィルターを通して表現される音楽は、
唯一無二のクロスオーバーミュージック。
古き良き60~70年代の空気を取り込み、生み出す作品は多くの音楽通を魅了。
様々な角度から入り込める立体的なリリックとメロディーが、
澄んだ声にとけてやわらかくココロに届く。

独創的かつ芸術性豊かなギター弾き語りスタイルで、
全国各地のカフェ、雑貨屋、ギャラリー、古民家、美容室など、
様々な場所で話題を呼んでいる。
絵描きやデザイナー等、異業種のクリエイターとのコラボも展開。

嵐のsingle「サクラ咲ケ」のカップリング曲『手つなごぉ』の作詞を担当したのを切っ掛けに、作家としての活動も開始。
関ジャニ∞の村上信五のソロ曲「ONE’S SHADOW」の作曲なども手がけている。
その他、ゲーム、CM、映画など多方面の音楽制作にも携わる。
コンピレーションCDにも多数参加。
現在オンエア中の、FM J-WAVE(81.3)の番組、
『Smile on Sunday』のテーマ曲を担当。
ドラマー「桷エイチロ」としても活動中。

今年の3/14に東京 両国国技館で開催された『TOKYO GUITAR JAMBOREE』に
シークレットアクトとして出演し多くの反響を呼ぶ。
北欧(スウェーデン/デンマーク)の唄旅を遂行。



kondo.jpg1975年生まれ
鳥取大学大学院連合農学研究科卒業 森林学を学ぶ


ライブペインティング、服飾ブランド提供、書籍装丁、CDジャケット、舞台美術など様々な「絵」のジャンルで活動をしている。

主な展示
『flower』(原宿 ラフォーレ原宿 2011年)
『みたかった景色』(代田橋 CHUBBY 2012年)
『+blue』(中目黒 ジィオデシック 2013年)
『過程』(神保町 エディトリー神保町 2013年)
『祝福の色』(沼津THE BLUE WATER 2014年)
『under』(名古屋rita 2014年)
『zero landscape』(代田橋CHUBBY 2014年)
『park the flower』(新宿伊勢丹 2015年)
『「color magic symphony』(渋谷PARCO part1 2015年)
等多数


【work】
●ファッションブランド「ACID GALLERY」への図案提供(2013年s/s~)
●NHKネットコミュニケーション小説への表紙絵・挿絵提供
●白井良明(ムーンライダーズ)など各ミュージシャンのCDジャケット柄提供
●Schroeder-Headz ツアーグッズ コラボレーション(2014年~)
●フランス子供服ブランド「b.b.c」ヴィーナスフォート店 店内壁画(2013年)
●伊勢丹新宿店「羊羹コレクション2014」への映像作品提供
等多数


【ライブペインティング】
様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくのを特徴としている。
40分前後の時間で、音楽に反応/同期しながら、巨大なキャンバスに手の平を
つかいものすごい速度で,何度も景色を塗りかえていくパフォーマンスは
「このようなライブペインティングはみたことがない」
「映画をみているようだった」
と好評を得ている。

2015年1月21日にリリースされた樽木栄一郎の新譜『iro dori』のジャケットイラストを担当。